スポンサーリンク

海外「日本は正直だ!」 日本で果物ジュースを販売する上でのルール紹介が話題

スポンサーリンク

管理人オススメ最新記事

日本で売られてるジュースに関する豆知識が話題になってました。
果汁の割合によってパッケージの果物のデザインが変わると言うものです。

海外の反応をみてみますと、初めて知る人がいれば、各国のジュースを売る上でのルールをコメントしてる人など、様々な声がありました。

みんなはこれを知ってたかな?
日本では、果汁を含む製品に規則があることを

まず、果汁が5%以下の製品は、果物の絵やアニメーションしか表示できない
果汁を5%以上、100%未満含む製品は、よりリアルな果実を表示することができるようになる
そしてスライス果物や果肉が見えるのは、100%本物の果汁を使った商品だけ

@adrianwidjy Did you know this? I love fun facts and Japanese smart packaging and informative packaging fun facts is one of my faves! This relates to fruit juice! #placesinsydney #japanesefood #smartpackaging #fruitjuice #juice #funfact #facts #didyouknow ♬ She Share Story (for Vlog) – 山口夕依


以下海外の反応

これはかなり興味深いね!

果汁が多い分、果実が大きく見えるような気がするけど、それはあくまで私の想像

オーストラリアでも似たようなことをしてるよ
例えば、5%のフルーツジュースは「オレンジドリンク」と表示することができる、とか

つまりリアルなジュース=リアルな果物ということだね

へぇー!初めて知ったわ!

アメリカではまた別の決まりごとがありそうだ

そして、なぜアメリカが他の国よりも体重の問題を抱えているのか、人々は不思議に思っている

スポンサーリンク

素晴らしいね
マーケティングが正直なのがいい

ニュージーランドでは、果汁がないものはジュースとは呼べない
100%ジュースでない場合は「フルーツドリンク」と呼ばれる

日本でジュースのデータ解析に携わったことがあるけど、これは本当のことだ

アメリカでは「商品名:100%フルーツジュース!」→原材料に「果汁5%」

桃の天然水が懐かしいなぁ
あの頃、教室に向かう途中の駅のそばのローソンで毎日1カートン買っていたような気がする

カナダでは、100%本物のジュースでない限り、「ジュース」という言葉を入れることは許されていない
果汁100%でないものは「フルーツドリンク」

ヨーロッパでは、フルーツ味の製品は少なくとも20%の果汁を含んでいなければならない

100%のものはやっぱり高いなぁ

ドイツでは、ジュースやジャムなどにも同様の規制があるけど、どれもまだ分かりにくい

世界中で同じことが行われていることだw
「フルーツジュース」か「フルーツドリンク」で区別されてる

これは飲み物を選ぶのに役立ちそうだね!

子供向けに分かりやすく販売してるようにみえる

こういうルールは大好き
アメリカは日本を見習う必要がある

引用元:TikTok , Facebook

コメント

  1. 匿名アンプタップ says:

    つまり欧米では、コーラやサイダーはジュースじゃないんだね。

    • 匿名アンプタップ says:

      > つまり欧米では、コーラやサイダーはジュースじゃないんだね。

      日本だってコーラやサイダーは炭酸飲料と呼ばれている。ジュースじゃない。

    • 匿名アンプタップ says:

      何言ってんだ?こいつ

    • 匿名アンプタップ says:

      そもそもジュースってのが日本語の「汁」にあたる言葉で
      そら果実絞ってないのはジュースではないわな。

  2. 匿名アンプタップ says:

    初めて知ったw今度気にして見てみる!

  3. 匿名アンプタップ says:

    日本も、昔ポンジュースがCMでやっていたとおり、ジュースと名乗っていいのは100%のみで、それ未満だと果汁飲料や果汁入り清涼飲料、混合果汁飲料などと表記しないといけない

  4. 匿名アンプタップ says:

    商品のデザインにもそんな決まりがあるなんて知らなかった!

    冷蔵庫に常備しているTropicanaのオレンジジュース、確かに果肉とリアルなオレンジの絵だわ。

  5. 匿名アンプタップ says:

    呼び名じゃなくて絵柄のことを言ってんだって
    論点すり替えまくり

  6. 匿名アンプタップ says:

    何を今更。逆に日本で知らない奴がいることに驚いたわ。

  7. 匿名アンプタップ says:

    ジュースとかアイスクリームとか
    単語が汎用化されすぎちゃったのよね

  8. 匿名アンプタップ says:

    海外ブランドであるバャリースオレンヂ(現・バヤリースオレンジ)も当時果汁10%だったので、日本の他社製品がたとえ無果汁でも「ジュース」と商品名に付けていたにもかかわらず、ジュースを名乗らなかった(その後1968年以降、日本でも果汁100%でないとジュースとは表記不可に)
    日本では昔っから、清涼飲料を炭酸含め何でも「ジュース」と呼ぶことが多かったせいで、未だにその定義がわかってない人が多い