スポンサーリンク

外国人「1906年の日本画にうちの猫のドッペルゲンガーを発見したんだが…」

スポンサーリンク

管理人オススメ最新記事

今やペットとして大人気な猫は、古くから世界のあちこちで親しまれてきました。
西洋には、猫の神秘的な様子から、猫には9つの命があるという言い伝えがあるそうですよ。
昔の日本でも、たくさんの画家が猫をモチーフにした作品を描いています。
そのひとつ、菱田春草の「猫梅」を見た投稿主は、その猫が自分の猫にそっくりで驚いているようです。

日本画に、うちの猫のドッペルゲンガーを発見!
【「猫梅」菱田春草、1906】


以下海外の反応

1900年代の日本人も丸っこい猫が好きだったんだね、なんか嬉しい

食パンみたいな座り方、かわいい

いや、投稿主の猫が1906年生まれなのかもしれない

確かに

描いたのも投稿主なんじゃない?

絨毯や壁の色まで予言されている

特別な猫に違いない

スポンサーリンク

右の猫、ちょっとサムライっぽい

目が \ / って感じだもんね

まあ… 少なくとも、あと9つは命が残っているはず

それか、これまでの猫生のひとつが1900年代だったのかも?

あなたの猫、うちの猫にそっくり!
今、家にいないから写真撮れないけど

うちの猫も!
目の周りの模様も全部そのまんま

タイムトラベラーだ!

輪廻転生ってほんとにあるんだね

古の壁画で予言されし彼の到来って感じ

ドッペルゲンガーとは限らないよ?
あなたの猫がすごーく年をとってるだけかもしれない

きっと2匹は同じ猫なんだ
それで、眠っているように見えても、実はパラレルワールドに出張してるんだよ
とある重要な任務のためにね…

コピー&ペーストだ

引用元:Reddit

コメント

  1. トリプルゲンガー says:

    みみ 違うじゃん!!   うそつき!!

  2. 匿名アンプタップ says:

    >目が \ / って感じだもんね

    アジア人シャ別は許されない二ダ

  3. 匿名アンプタップ says:

    どこの国の人間かしらんが、日本画を鑑賞してくれるのは嬉しい

  4. 匿名アンプタップ says:

    というか元の絵良く見つけたな

  5. 匿名アンプタップ says:

    日本人はなぁ、大昔っから
    犬や猫、ちっちゃくてカワイイものが大好きなんだよ
    それ愛でるのが生き甲斐なんだよ