スポンサーリンク

エンゼルス大谷翔平、トミー・ジョン手術を決断が海外で話題に 海外の反応

スポンサーリンク

大谷、トミー・ジョン手術へ 時期は10月の第1週

エンゼルス大谷翔平投手(24)が、右肘内側側副靱帯(じんたい)の再建術(トミー・ジョン手術)を行うことが決まった。

25日(日本時間26日)、球団が発表した。時期はシーズン後、10月の第1週目に行われ、具体的な日程は公表されなかった。
球団広報によれば、ロサンゼルス市内の病院でニール・エラトロッシュ医師が手術を担当する。
同医師は7月にエ軍のギャレット・リチャーズ投手(30)のトミー・ジョン手術も担当した。

大谷は6月6日(同7日)のロイヤルズ戦で右肘内側側副靱帯(じんたい)を損傷。
約3カ月のリハビリを経て、9月2日(同3日)のアストロズ戦で投手復帰したが、5日にMRI検査を受け、右肘内側側副靱帯(じんたい)に新たな損傷が見つかっていた。

球団広報からの手術の発表を受け、ソーシア監督は大谷の来年の打者出場について、「メディカルスタッフからの情報がないと何も言えないが、投げる前には、打者として戻ってくることになる。もっと情報が入ってから、いろいろ分かると思う」と話した。

大谷の決断を聞いたのは「ここ2、3日のこと」だという。

右肘を手術したとしても、打者としては一般的に6カ月程度で復帰できるとされるが、10月の第1週から6カ月となれば、来年4月の1週となる。
3月28日の開幕には間に合うかどうか、同監督は「いろいろ考慮すべき要因がある。執刀医の薦めだったり、フィジカルセラピーなど、いろいろなことがあるから、今の時点では判断するのは難しい」と話すにとどめた。

また、リハビリについては「(二刀流の復帰について)いろんなことを考慮していかなくてはいけない。投手として投げられるか、打者としてスイングできるか、そういう基準をしっかりこえていかないといけない」と話した。

同監督によれば、大谷の今後の予定は「シーズン後、少しの間はこちら(米国)に滞在すると聞いているが、その後のリハビリをどうするかは聞いていない」とした。

日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201809260000175.html

1アンプタップより海外の反応

やっと決断してくれたんだな
ありがとう

2アンプタップより海外の反応

大谷のトミー・ジョン手術が成功することを祈ってるよ

3アンプタップより海外の反応

確かに決断は難しいけど、もっと早くやってほしかった

4アンプタップより海外の反応

手術しなければならないのなら早い方が絶対にいいに決まってる!
でも、まだまだ若いから回復力に期待してるよ!

5アンプタップより海外の反応

いいね!
本当は数週間前にやるべきだったと思うけどね

6アンプタップより海外の反応

手術が成功しリハビリが上手く行けば2020年シーズンの活躍が楽しみだ

7アンプタップより海外の反応

今は打者として活躍してるけど、本当は何もさせたくない
さっさと手術してほしかった

8アンプタップより海外の反応

もっと早く手術をするべきだったけど、彼がとうとう決断してくれて嬉しいよ

9アンプタップより海外の反応

早急に正確に回復してくれるだろう
投手としての翔平が見れる日がくるかな?

10アンプタップより海外の反応

先延ばしにすると思ってたけど、俺が思ってたより決断が早かった

11アンプタップより海外の反応

トミー・ジョン手術は選手生命を縮めると言われてるけど、翔平がそれを払拭してくれるだろう

12アンプタップより海外の反応

手術よりも回復に向けたリハビリが一番大変だ
頑張って乗り越えて欲しい

13アンプタップより海外の反応

2019年に翔平を見ることができないことが決定したけど、2020年の春のトレーニングに向けてリハビリを頑張るんだろうな

14アンプタップより海外の反応

若いし才能があるからとても心苦しいけど、翔平だったら必ず回復して帰ってくるだろう

15アンプタップより海外の反応

手術するんだったら2019年は試合をしてほしくない
きちんとリハビリして完全に回復したらまた投手としての翔平も見れるから

16アンプタップより海外の反応

エンゼルスファンへ
きっと完全復帰してくれるはずだ
でも2019年はずっとDHだろうけどね

17アンプタップより海外の反応

苦渋の決断だったとは思うけど、まだまだ若いし、先のある選手だから焦らずに復帰に向けて頑張ってほしい!

18アンプタップより海外の反応

彼がまた二刀流選手に戻れるかどうか心配だ

19アンプタップより海外の反応

本当によく決断した!
きっと手術は成功してまた活躍してくれるだろう!

20アンプタップより海外の反応

また2020年に会おうな!

引用元:Facebook

コメント

  1. 匿名アンプタップ says:

    手術自体は問題なくDHとして早ければ来期開幕~5、6月には
    復帰の流れは確実。リハビリも大谷なら順調にいくだろうからね。

    個人的には手術するのなら「人工靭帯手術」も良い気がしてたんだけど。
    術後に肘の状態が100%以上な感じで確実に良くなるらしく、
    投手としての復帰も早ければ半年と早いらしいから。
    5年経過かそこらでまた手術しなきゃならないが、トミージョンにしろダルビッシュ等
    一度で済むとは限らないからね。

  2. 匿名アンプタップ says:

    何がさっさと手術だよ
    他人事だと思って適当な事言いやがって
    新人賞争いもあるんだから今シーズンは全力でやり切るに決まってんだろ
    で二刀流は今後もやりたいから苦渋の選択で手術するんだよ
    まぁ仕方ないけど最善の選択だな

  3. 匿名アンプタップ says:

    メジャーはあの粗悪品公式球を替えようとは思わんのか。
    NPBに比べて手術する人間多すぎ

    • 匿名アンプタップ says:

      俺も替えてもらいたいけど、アメリカの選手は日本のボールだとひっかかり過ぎて嫌らしい
      まぁ持ち合わせてる変化球次第で変わる部分もあるらしいが

  4. 匿名アンプタップ says:

    トミー・リー・ジョーンズ?

  5. 匿名アンプタップ says:

    これ日本に居たら手術してたのかな?どうせサラリー安いんだから私ならしないな。日本みたいにそこに付け込んで酷使はできないだろうから様子見がいいと思うけどね。